Cポン加盟のおすすめ

今話題のcポン!設立して1年ほどですがユーザー数は5万人を超え加盟店舗数も500店を超え1年間順調に成長としています。

そんなcポンは運営会社の母体を日本に持つ資本金1億円の広告代理店です。

Cポンの展開規模

日本では20201年に本格稼働が始まったところですが香港ではすでに30年以上ビジネス展開をしており

簡易数は10万人加盟店舗数は1万で総売上げは150億円を超えるような巨大ビジネスへと発展しています。

アジアでの展開

アジア展開を先行として、香港から始まり台湾マレーシアシンガポールと展開しアジアでは20,000点以上
年間の利益は10億円を超えるような非常に利益率の高いビジネスとして展開しています。

日本でも展開が始まった c ポン

ありそうでなかったビジネスモデル!ユーザーの方々はいつでも20%以上お得に全国が加盟店や ec サイトで利用できる決済アプリPaypay よりも20%安い、Cポンという形で、今非常にお得なサービスということでユーザーさんがどんどん増えています。

店舗で言うと、従来のレストランやショップというのは、集客のために広告費を払っているのが通常です。
Cポンの加入については、サービスに対して現金を一切支払うことなく、お客様を獲得し続けられるサービスです。

加盟した店舗からは非常に良い評価を得ており、どんどん加盟店が増えています。

加盟店のビジネスモデルの案内

まずはじめに、現状の広告の流れについてご説明します、これは特に飲食業界に限った話しではありますが、現在、飲食業界というのは広告の三重苦と言われているほど、広告費に悩まされています。

飲食業界の「広告の三重苦」

広告の三重苦基本的に契約会社に基本料として広告費を払い、「食べログ」や「ぐるなび」、「ホットペッパー」などから、予約が入ると1点あたりいくらということで成功報酬まで支払いします。さらに、消費者ユーザーにも割引クーポンということで値引きま発生します。

三重に広告費を取られるのはたまったもんじゃないですよね!

コロナの自粛期間ともなると、お店を閉めなかればなりません。そんな時にも広告費払う必要があります。休業状態なのに、1年契約だからということで毎月広告を払っている店舗
もあります。

消費者の回転が良い時は全く問題なかったのですが、回転数が悪くなって来ると、広告の見直しを考えざるを得ないという店舗が今非常に多いのが現状です。

 Cポンのビジネスモデル

Cポンでは最低限の成功報酬ということで、基本的に消費者からの決済金額に30%広告費が発生します。

この30%から消費者に20%還元します。消費者(Cポンユーザー)からすると、20%安くなると言う事です。これは消費者のメリットとして大きく集客に繋がります。ここでCポンの会社には残りの10%の利益が残りますが、半分の5%をCポンの紹介者しているインフルエンサーにの方々にアフィリエイト報酬として還元しています。

Cポンの会社は30%の成功報酬を20%消費者(Cポンユーザー)に還元し、インフルエンサーに5%還元し、最終的にはCポンの会社には5%の報酬額という形になっています。Cポンのビジネスモデルは広告費を独占するのではなく、シェアをするという考え方で、とても社会的評価が高いです。

従来の広告モデル

従来の広告というのは広告代理店がすべて広告費という売上利益に変えて、いわゆる搾取ビジネスと言われていたりします。

Cポンユーザーが増えている理由

ユーザ確保スキーム紹介者Cポン会員になるのには無料で、さらに登録時に約500円相当のチャージポイントが付与されます。さらに紹介制度を導入し、紹介した人にも約500円分のチャージポイントがもらえるので、積極的に紹介されています。

 

 

 

 

ユーザ確保スキーム店舗側
加盟店に来られたお客様に一声かけ、「Cポンに登録していただけると約500円分のポイント付与されます」のように、声を掛け、飲み物が無料になりますよ!って声かけすると、すごくお得感を感じてお客さまが、どんどん登録してくれます。1人登録すると店舗にも同じようにCポンポイントがチャージされるので、これが換金もでき店舗からすると店舗の売り上げ以外の収入にもなるって事で積極的に店舗でも紹介されています。

 

 

紹介したユーザーのメリット

先に述べたように、紹介ポイントに加えて、全国の加盟店で使ったこと金額の3%から5%が使うたびにCポンポイントがチャージされます。
これが無料で始められるので、どんどん紹介者が増えるという事です。

今後のCポン「更なる展開」

今後の展開としては、2021年の9月予定でグランドオープンし本格的に展開されます。3月末からプレオープンという形で、すでにブランドものからご当地グルメ、日用品まで徐々に増え続けている状況です。そのような中で、海外の方とか加盟店出店したいっていうのはことも来ているようで、これから日本だけじゃなくて世界レベルでユーザーさんとか出展社加盟店も巻き込んでいくというような、世界レベルのモールが 出来上がって行くような予感があります。

店舗向けのCポンサービス

店舗さん向けの非常にメリットの高いサービスとして、「Cポン加盟店モール」という名前のサービスも展開していく予定のようで、これは今までの仕組みでは、お店にお客さんが来て、 Cポンを使いこれを現金化するときに30%の広告費を引かれて、70%が現金になるってことを、それをそのまま仕入れに当てれる事で、これを100%食材の仕入れだったり、いろんな関係品を買うなど、限りなく広告宣伝費が0になる仕組みで加盟店が喜びそうなサービスも検討を進めているようです。

 

コメントを残す